コンクリートの計測

面的な劣化診断

打音検査の客観的な評価が可能です!

計測方法

コンクリートテスター(CTS-02v4)を使用し、既設構造物の面的な劣化診断、調査・点検を行う際はエリアモードで計測を行います。

劣化診断 非破壊検査 等高線 出力
計測モードArea(エリア)モード
計測範囲面的な計測
比較対象打音法に対応して、強度・劣化・剥離などの健全性を診断
メッシュサイズ10~50cmの間隔 (対象の大きさによって変更)

計測の流れ

  1. 通常ひとつのメッシュサイズが10~50cmの間隔でメッシュを設ける
  2. 計測はメッシュ内を複数回打撃し、平均値を採用
  3. それぞれのメッシュがX-Y座標に当てはまるよう計測を行う
  4. 一つのポイントで打撃したら、本体側でポイントを移動させる
  5. これを繰り返し表面全体を計測する

打音検査との比較

打音検査による劣化診断の問題点

  • 計測する人による主観的な評価のためばらつきが出やすく、人手不足による技術の継承が進んでない
  • 判定結果がデータとして保存されない

コンクリートテスターの動画【使い方編】

使用方法については、こちらの動画もご覧ください。

CTS-02v4の詳細はこちらへ

コンクリートテスターの仕様・価格【CTS-02v4・CTS-03v4】

コンクリートテスターの仕様・価格【CTS-02v4】 名称CTS-02V4(Concrete Test and Surveyer)適合規格NDIS3434-3収納ケース390mm x 255mm x 120mm本体108…