TS出来形設計データ作成

トータルステーション(TS)を用いた出来形設計データ作成

道路河川工事でのトータルステーション(TS)による出来形管理を行うための設計データを作成します。

サポート内容

  • トータルステーションによる出来高管理容量(案)解説
  • 監督員との打ち合わせ方法について
  • 基本設計データ作成手順
  • 出来高計測データ取込み手順
  • 他運用する上での注意点について

サポートの流れ

    アイティエス作業     お客様作業

1.道路・河川の線形のデータを作成(イメージ図)

2.出来形管理を行う測点横断形状を作成

3.出来形管理を行う要素(高さ、幅、法長)を各横断面毎に設定

4.作成したデータを基準に基づいてXML形式のデータに変換

お客様の作業
トータルステーション
TSトータルステーション帳票

5.XMLデータをトータルステーション(TS)に取り込み、現場で出来形観測、出来形管理書類を作成

  • 測量機での出来高管理は現場の方に行っていただきます。
  • 観測したXMLデータをお預かりして出来高管理の印刷も対応可能です。