コンクリートの計測

表面強度の計測

計測時間・データ処理時間の短縮が可能です!

基本的な計測方法

コンクリートテスター(CTS-02v4)を使用した、表面強度の基本的な計測について紹介します。

局部的な強度推定の際にはポイントモードで計測を行います。

計測モードPoint(ポイント)モード
計測範囲局部的な計測
比較対象リバウンドハンマーに対応して、特定点での圧縮強度を推定
メッシュサイズ3cm  程度

計測方法

  1. 計測範囲を5x5の3cmメッシュにマーキングする
  2. 計測は同一箇所を打撃しないように注意し、メッシュの交点を21点打撃する
  3. 本体にて自動的に平均を算出し、その値の±20%を超えるデータが除外される
  4. 除外されたデータがあった場合には計測点数の数値が減少する
  5. 計測点数が20以上になるまで追加で打撃する

リバウンドハンマーとの比較(精度・時間)

非破壊による圧縮強度推定方法として今までは主にリバウンドハンマー(シュミットハンマー)が利用されてきました。
リバウンドハンマーでは計測表面の研磨、打撃角度の補正、計測値の換算作業が必要となりますが、CTS-02ではそれらの作業が不要となります。

リバウンドハンマーとコンクリートテスターの精度比較

  • リバウンドハンマーの計測精度は圧縮試験機との誤差率が±50%となります。
  • コンクリートテスターCTS-02v4の計測精度は±20%となり超音波試験や衝撃弾性試験と同様の精度となります。

リバウンドハンマー(シュミットハンマー)の計測精度グラフ
リバウンドハンマー

誤差率±50%

コンクリートテスターの計測精度グラフ
コンクリートテスター

誤差率±20%

※(社)非破壊検査協会発行「非破壊検査 検査と材料評価」より抜粋

その他の違い

リバウンドハンマーコンクリートテスター
現象ハンマー打撃ハンマー打撃
基本原理反発度反発抵抗力
要請事項表面の塑性変形コンクリートの弾性変形
計測量反発係数機械インピーダンス
計測形式機械(バネ)式、反発距離計測電子計測、加速度計測
開発年1948年2002年

コンクリートテスターの動画【使い方編】

CTS-02v4の詳細はこちらへ

コンクリートテスターの仕様・価格【CTS-02v4・CTS-03v4】

コンクリートテスターの仕様・価格【CTS-02v4】 名称CTS-02V4(Concrete Test and Surveyer)適合規格NDIS3434-3収納ケース390mm x 255mm x 120mm本体108…